新着情報

特定サービス産業動態統計月報7月(確報)に関するレポート

その他レポート

 経済産業省大臣官房調査統計グループは9月15日、「特定サービス産業動態統計月報7月(確報)」を発表した。

 これによると、ゴルフ場・ゴルフ練習場が引き続き好調で前年同月比でプラスとなる一方で、パチンコホールはマイナス5.6%となった。2020年の7月は、同年4月から5月に発出された1回目の緊急事態宣言終了後で、急激ではないものの対個人サービス業が感染防止対策を行いながら事業を平常化させている時期にあたる。しかしながら、この時期と比較して本年7月のパチンコホールの推定売上規模がマイナス5.6%に転じていることに関しては、その後、繰り返し発出されることになった緊急事態宣言を受け、パチンコから遠ざかった人たちが存在することを意味しているものと考えられる。

 また注目した点としては、ボウリング場の落ち込みが激しい。前年同月比で6月がマイナス12.4%、7月がマイナス10.1%となっており、コロナ禍において苦戦が目立つ。貸しボールに指を入れて投げるというプレースタイルは、コロナ禍においては大きなウイークポイントとなった可能性がある。一方でパチンコホールの感染症拡大防止対策の徹底と喚起能力の高さの周知がボウリング場との差を生んでいるようにも思われ、前年同月比でマイナスを記録した7月ではあるが、そのマイナス幅を最小限に食い止めたと見るべきだろう。

特定サービス産業動態調査

関連記事

リリース

  1. 機種別遊ばれ方レポート
     正月営業といえば、なんとなくプレイヤーの財布の紐が緩んでくれそうなイメージがあるが、果たしてそ れ...
  2.  2023年12月4日、東京シティ競馬は大井競馬場に馬券購入のための電子マネーとしてPayPay を...
  3.  コロナ禍を経てボートレースの売上規模が拡大している。
  4. 機種別遊ばれ方レポート
     待望の「仕置人」のリリースから5週が経過したが、当初の盛り上がりに反して、直近週ではかなりその勢い...
  5.  2023年5月1日現在の大阪ミナミエリアのスマパチ・スマスロ導入状況。 まず、スマパチの部。

メールマガジン(一部をご紹介)

  1. 機種別遊ばれ方レポート
    「S エウレカセブンHIEVO XS」が目下絶好調だが、登場週から4週目までの「客数データ」を追い...
  2.  超高齢化社会を迎える日本において、健康食品など高齢者をターゲットにしたマーケットは広がりを見せてい...
  3. 機種別遊ばれ方レポート
     8月8日週はこの夏の話題機種「Pフィーバー機動戦士ガンダムSEED S」(以下「ガンダムSEED」...
  4. 機種別遊ばれ方レポート
     スマパチ2機種稼働開始ー「e 花の慶次」「e RA VE」(7月3日週) 7月3...
  5.  電子マネーの普及に伴い、パチンコ・パチスロ遊技においてもその利用が可能になることを望む声が...